スーパーフードのスピルリナとは?


近年ではスーパーフードと呼ばれているスピルリナが注目を集めています。摂取する人たちも増えていますが、具体的にスーパーフードのスピルリナとはどのようなものなのでしょうか。まずはスーパーフードのスピルリナについて説明します。

スピルリナスーパーフードのスピルリナは海苔などに含まれる藻類の一種でとても古くから存在していると言われており、地球上には30億年以上前から生息しています。最古の植物として注目を集めていますがスーパーフードのスピルリナは主にアフリカや中南米など比較的暖かい地域に多く存在しており、高アルカリの塩水湖に繁殖しているとされています。

そもそもなぜスピルリナと呼ばれているかというと、スピルリナと言うのはラテン語で日本語に訳すとらせんという意味を持っています。その名の通り顕微鏡などで見るとらせんのようにくるくるとねじれた形をしているのでスピルリナと呼ばれるようになったと言われています。

なぜ今スピルリナが注目を集めているのかと言うと、現代人は特に肉中心な生活になっており必要な栄養素が摂取できていないとされています。スピルリナは特に現代人が偏りがちな栄養素を補助してくれる食品として利用されています。具体的にはタンパク質や糖質、脂肪酸、ビタミンをはじめカルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛など様々な栄養素が含まれています。

以上の通り栄養素が豊富なスピルリナですが摂取をするとどんな効果が期待できるのかについてこのサイトでは紹介します。